減額対象

事故車として扱われてしまうと、当然査定額は減らされてしまいます。

一説には、事故車と認定されてしまっただけで、2割程度の減額対象となってしまうという情報もありますので、十分に注意すべきポイントだといえるでしょう。 また、事故車の扱いについては、事故車の定義について考える必要もあるでしょう。

事故車の定義としては、フレーム部分を修理していたり、損傷していたりするものになります。

そのため、裏を返せば、バンパーやボンネットやドア、などの外板を修理したり交換したりするものは、事故車にはならないのです。
この認識違いは、中古車の査定結果を大きく狂わす原因になりますので、事故車の定義については売却の前に今一度しっかりと確認しておく必要があるのではないでしょうか。

そこで駆け引きが発生するわけですが、どこまでを事故として業者に告げるかという部分になります。
この申告状況によって大きく査定は変化してしまいますので、慎重に取引を進めていきたいものです。
もちろん、これまでに一切修理や取替えをしていないというのであれば関係ありませんが、長い間乗っている車だと、どこかで修理をしている可能性も高いので迷ってしまう部分ではないでしょうか。

事前知識として把握しておかなければ、ついつい必要のないのに申告してしまうという状況も考えられますので、やはり中古車査定においても事前知識は重要になってくるのではないでしょうか。 基礎知識として覚えておいてください。